新型コロナウイルス感染防止の緊急事態宣言 発令期間中

神田神社の対応について

  • 一、 賽銭箱前でのご参拝は、宣言発令期間中でも平常通りのお参りができます。
  • 一、 恒例祭祀と境内の清掃は、神職が平常通り執り行います。
  • 一、 神社は感染防止に配慮した奉仕とさせていただきます。
  • 一、 5月中は明神会館、文化交流館、資料館は臨時閉館とさせていただきます。
  • 一、 6月1日から再開予定です。(神札所、文化交流館は9時〜17時)
  • 以上、事態の早期終息を願っての対応ですので、ご理解のほどお願い申し上げます。
    神田神社では、毎朝コロナウイルス鎮静祈願を行い一日も早い終息を祈念しております。

    ◆神社社務所へのお問い合わせ 10時~15時
       TEL 03-3254-0753

    ◆明神会館 終日休館 
       メールアドレス info@myojin.tokyo.jp

    ◆文化交流館 終日閉館 
       MASUMASU ㈱DBS TEL 055-952-3908
       IKIIKI ノムラデベロップメント TEL 03-6426-0057
       神田明神ホール 終日閉館
           マグネットスタジオ TEL 080-3581-8379
       EDOCCO STUDIO 終日閉館
           ㈱COCORO TEL 03-6811-6675

    ◆境内売店 終日閉店
       ㈱樂 TEL 090-8453-3573
       神田明神物販所 JAPACON㈱ 
           メールアドレス shop@japacon-inc.com

週間予定表

神田明神 + 文化交流館EDOCCO + 明神会館

2020年5月31日 〜 6日
» 31(日)
» 1(月)
» 2(火)
» 3(水)
» 4(木)
» 5(金)
» 6(土)

フロアガイド

フロアガイド

神田明神創建
千三百年記念事業
神田明神文化交流館 「EDOCCO」
に込めた想い

江戸東京に鎮座し、約千三百年の歴史をもつ神田明神は神田・日本橋・秋葉原・大手町・丸の内地区の氏神さまです。
この度、天平二年(七百三十年)の創建より千三百年を迎えるにあたり記念事業を実施し、参拝者の憩いの場となる環境を整えるため参道拡幅等の境内整備を行い、ご神徳の高揚と共に伝統文化の継承と新たなる文化の発信を志し、神田明神文化交流館「EDOCCO」を建設いたしました。神札授与所・御参拝受付・飲食店や土産物店・様々な使用方法が期待できる「神田明神ホール」・多様な伝統文化を体験できるスタジオ・屋上庭園を備えた貴賓室など、充実した施設になりました。この施設が多くの皆様に慕われることを願うばかりです。

神田明神

伝統 × 革新

連綿と受け継がれてきた
伝統の継承のみならず、
多様な文化や価値観を受け入れ、
新たな文化を創出する。
神社神道や日本がもつ
文化の活性化に寄与する場所です。

EDOCCO
EDOCCO 神田明神文化交流館 ロゴ

ロゴマークは、権現造りの社殿を図案化し神田明神ならではの景観を表現。
屋根の特徴的なひだは江戸文字のひとつである「牡丹字」、“EDOCCO”の文字は「髭文字」から着想を得ており、ひだや髭の数を奇数にすることで縁起の良さを表しました。

御社殿と文化交流館、明神会館の3つの建物は地下道で繋がっています。

中央線・総武線
御茶ノ水駅(聖橋口)より徒歩5分
京浜東北線・山手線
秋葉原口(電気街口)より徒歩7分
東京メトロ丸ノ内線
御茶ノ水駅(1番口)より徒歩5分
東京メトロ千代田線
新御茶ノ水駅(B1出入口)より徒歩5分
東京メトロ銀座線
末広町駅 より徒歩5分
東京メトロ日比谷線
秋葉原駅 より徒歩7分
有料駐車場
若干数ございます。
※神社正面の鳥居をくぐり、隨神門左側の脇門よりお入りください。

神田明神文化交流館 EDOCCO

〒101-0021
東京都千代田区外神田2丁目16-2

営業時間 9:00〜18:00(2020年1月9日より)